借金まみれの金田なし子は、売れない芸人の嫁

このブログは、夫が一生売れない芸人でアルバイターの為、生活が苦しく子供と夫と自分を養う為にした借金を必死で返済していくブログです。

証拠と離婚への思いと過去の経験。


スポンサーリンク

どうも金田です。

 

ここ10年、災害が多い感じがするのは、

私の気のせいでしょうか?

私の住む町は一応、電気などは復旧しましたが、皆さんの町はどうですか?

 

災害の後はなかなか気分が上がりませんね。

まだまだ大変な地域もあるので心中お察しします。

 

 

さて、本題です。

 

浮気を見つけたといっても、そのメールだけでははぐらかされると思った私は、すぐに夫を問いただす事はしませんでした。

なんとかシッポをつかもうと、しばらく泳がせました。

 

離婚するにもきちんと証拠を残しておかねばと冷静に判断する一方で、

裏切られ続けている事への怒り、苦しみ、悲しみが押し寄せ、

赤ちゃんに夜泣きされたり、育児疲れも相まって、この頃の私はかなりの鬱状態でした。

 

夫が赤ちゃんに触れるたびに

女に触れてきたその手で赤ちゃんに、、、

と思うと頭を掻き毟りたくなるぐらい苦しみました。

 

 

お風呂に入っている間に携帯のロックを外すと、女とのやりとりのメールがすぐ見つかりました。

アホみたいにメイドの格好をした女が写真に写っていました。

7年経った今もそのアホでいやらしいやりとりと、あのアホな写真を思い出すと吐いてしまいます。

 

私は全てのやりとりを自分の携帯で写真に撮り残しました。

 

 

それでも私はまだ夫に証拠を突きつけず

自分の中で悩んでいました。

 

別れるべきか、別れないのか。

 

その答えを出すまでは言うべきではないのでは、、とも考えていました。

 

 

私の事だけで考えれば別れた方がいいに決まってるのですが、子供の事を考えると安易に答えを出せませんでした。

 

というのも、私の母は離婚していて

私が小学生の頃は離婚している親というのが珍しく、同級生に親がいないという事で

イジメられていたのです。

 

今はシングルマザーは珍しく無いとはいえ、

私が小学生の時に味わったあの苦しみや悲しみを、同じように自分の子供に味あわせたくなかったので、証拠を突きつけるべきか悩みまくりました。