借金まみれの金田なし子は、売れない芸人の嫁

このブログは、夫が一生売れない芸人でアルバイターの為、生活が苦しく子供と夫と自分を養う為にした借金を必死で返済していくブログです。

悪い予感と借金の渦。


スポンサーリンク

どうも金田です。

 

チビが7ヶ月になり働き始めた私。 

夫も朝も夜も働いていて、思い返せばこの頃が1番稼げていた様に思う。

 

そんな日が続いていたのに、

私はなぜかずっとイヤな予感していた。

 

昼夜問わず働く様になった夫が2ヶ月目に

こう言った。

 

「単独ライブをしようと思う。300人規模のデカイやつ!!!」と。

 

イヤな予感は的中した。

その頃ライブをやってもイベントに出演させてもらっても客が10人来たら多い方だったから300人など集められるはずがなかった。

 

だが、私に報告した時は、もうすでに会場も決定し、ホームページにも載せ、濃厚なファンにチケットを購入させた後だった。

 

それでも、それならば余計にがんばって集客するんだと発破をかけて、私も友人達に頼みチケットを購入してもらった。

 

飛ぶようにとはいかなかったものの、チケットは順調に売れ良い感じでライブの日が近づいていた。

 

 

「ああ、良かった。」

 

 

そう思った。

悪い予感は気のせいだったか。と安堵した。

 

 

 

のもつかの間、、、、

 

ライブ2日前に夫が呼吸困難で倒れた。

ストレスでまた前の発作が起きたのかと思ったが違う様で救急車で病院に向かうと緊急手術が必要な肺の病気だった。

 

 

長年吸っていたタバコが原因だった。

 

 

ライブ2日前。

 

何もかも全て中止になった。

チケットは払い戻したが、それでも色んな事にお金がかかり100万ほど足りなかった。

自分達で立ち上げた弱小事務所にそれを支払うだけの能力は無かった。

関係者からの支払いの請求。夫が組んでいる相方から執拗に支払いの請求を迫られ

 

 

私は銀行でお金を借りて、それを全て支払った。

 

 

夫はそれどころではなかった。

 

夫は手術後も予後が悪く身体には沢山の管が付いており話すのがやっとだった。

 

ライブが出来なかった事を落ち込み、体調で落ち込み、毎日暗い顔をしていた。

 

そんな夫に今、お金の事を言える気にはならず、とにかく元気を取り戻してもらおうと

思っていた。

 

チビは保育園に行きだしたばかりでストレスからか夜泣きが続き、私自身も仕事に復帰して間も無くだったので休む事も出来ず、

仕事と育児と介護は大変で、毎日一日が終わるとヘトヘトになった。

 

借金は銀行で借りた100万と、リボ払いに慣れきってしまった為にショッピング枠もキャッシング枠も段々と増え、この時から私は借金の渦に巻き込まれて行った。

 

後から考えれば、もっと色んな方法があったとは思うがその時はそれで必死だった。

 

なんとか家族3人また笑える日を夢見て

必死に支えていた。

お金なら働けばなんとかなると思っていた。