借金まみれの金田なし子は、売れない芸人の嫁

このブログは、夫が一生売れない芸人でアルバイターの為、生活が苦しく子供と夫と自分を養う為にした借金を必死で返済していくブログです。

二つめのターニングポイントも間違えた選択をした。


スポンサーリンク

どうも金田です。

 

台風一過ってどこへいったのでしょうか?

昔は台風から一夜明けると爽やかな晴天が広がり、みんな外へ出て落ち葉の片付けをしながら近所の人と「台風凄かったね~」なんて言いながら乗り越えた話をした一体感がありましたが、今はなんか、台風過ぎても晴れませんね。

 

気分も晴れません。

 

 

さて、本題。

 

 

私はこの時の事を今も後悔している。

子供がわけわからん内に別れるべきだったと

あれから何かがあるたびに思う様になった。

 

浮気をされて、義父、義母の前で夫に怒り狂い、もう何もかもが嫌になった私は、夫と一緒にいたくなかったので夫を実家に戻らせ赤ちゃんと2人マンションで1ヶ月過ごした。

 

1ヶ月の間に、ずっと疎遠だった友達に会いに行った。

結婚した事も妊娠した事も知らせてなかったが、友達はみんな私が子供を産んだ事を知っていた。

そりゃあ、こんなに小さな町だからバレない方がおかしいのだけど、

友達はみんな私が何も言わないのが何か理由があると思い追求せずにほっといてくれていた。

 

友達のありがたみと、優しさが身に沁みた。

 

みんな私の事を信じてを待ってくれていた。

 

ただ、その時の私はもうすでに夫と別れて赤ちゃんと死のうと考えていたので友達の優しさが痛かった。

 

毎日の様に赤ちゃん連れで友達と遊び周り

帰ったら真っ暗な部屋で泣きながら過ごす。

 

躁と鬱の繰り返しの毎日だった。

 

赤ちゃんを育てる環境には1番相応しくない状態だった。

赤ちゃんには離乳食を作らなければならなかったけど、キッチンに立つと夫と女のメールのやり取りが頭に次から次へ浮かんできて、

立てなくなって号泣する、、、の繰り返しだったので離乳食はレトルトに頼らざる得なかった。

私自身は大食いをしてみたり、吐いたり、

麺類ばかり食べたり、大量に服を買ったりと

リボを利用してお金を使って行った。

 

、、、どうせ死ぬんだし。

 

そればかり思った。

 

だけど、まだ生きるのにも執着していて保育園を探したりしていた。

 

夫は毎日、玄関前に謝りに来て手紙を入れてまた実家に帰る生活をしていた。

 

 

まあ、7年経った今も表題にあるが如く「芸人の嫁」なわけで、そののち私達夫婦はやり直すのですが、その時の傷はまだ私の脳裏に焼き付いています。

許せたかと言うと許せていないのが本当の気持ちです。

 

この浮気の後、まだまだ不幸が続いていくのです。