借金まみれの金田なし子は、売れない芸人の嫁

このブログは、夫が一生売れない芸人でアルバイターの為、生活が苦しく子供と夫と自分を養う為にした借金を必死で返済していくブログです。

堕ちていくきっかけ① 〜それはホントに些細な事〜


スポンサーリンク

売れてない芸人と結婚するからには

私も多少の覚悟はありました。

 

沢山ではないけど、少しは貯金があったし、

苦労はするだろうけど

2人でがんばればきっと貧乏暮しも楽しいと

思ってた。

 

嘘じゃなく、そう思ってた。

2011年の私は。

 

おかしいと思い始めたのは、入籍をしてからだった。

 

ちなみに結婚式は夫のファンが離れていっては困るという理由でしなかった。

ただでさえ少ないファンだから大切にしたいと思っていたので、それも構わないと思っていた。

 

、、、で、入籍してから

2人で住むマンションを決める事になった。

 

彼は実家暮らし。私はマンションに一人暮らしだったたので、当然お金を節約しようと私のマンションに2人で住もうと提案したが、

独身者が多く住むマンションだった為、

ハッキリとは言われないが子供が産まれる事がわかると大家が難色を示し、新しいマンションを探すしかなかった。

 

一人で住んでいたマンションは月4万だった。

 

不動産屋に2人で回ったが

 

夫が不動産屋に対し必ず

「僕は芸人で、夜、大声で練習したりするので、その事を許してくれるマンションでお願いします!」

 

と言った。

そんなバカ正直に言わなくてもいいのに。。

って私は思ったが、

子供も産まれるし、うるさいと言う事で文句を言われるのはイヤだったので、

私もそれに従った。

 

さらに追い討ちをかけたのは東日本大震災だった。

新しくマンションを借りるならば、

なるだけ高台に。

私だけでなくあの頃はみんなそう思ってた。

あの凄まじい地震の映像が毎日テレビで流れて、何人も悲しい思いをされてるのを見ると

子供を守らねば。

そう思わざる得なかった。

 

 

そうして数々の条件を満たし、新しく借りたマンションは7万円だった。

前のマンションより3万円高かったが

その頃の私は、3万ぐらいなら節約したらなんとかなる!と高を括るっていた。

 

今、思い出しても苦しさが蘇ってくる。。。